小さな会社が動画で情報発信するべき3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
動画 情報

小さな店舗・教室ビジネスオーナーがネット集客をはじめるなら、
まずはブログで情報発信することをお勧めしています。

あなたのビジネスにおける「専門家としてノウハウ」や「お客さんが知りたいと思っている情報」を中心に、文章を通じて発信してください。

そして、文章での情報発信に慣れたなら、是非、動画での情報発信にチャレンジしましょう。

動画情報発信の3つのメリット

基本的には、動画で発信する情報は、
ブログ文章で作成していた情報と同じ種類のもので構いません。

では、なぜ同じ情報でも文章を動画にして発信するべきなのでしょうか?

理由は3つあります。

理由1 SEO効果が高い

ブログに動画を埋め込むことで、検索上位になりやすくなります。

動画はYouTubeにアップロードしてから、YouTubeコンテンツをブログに埋め込むようにしてください。

直接あなたのサイトのサーバーに動画をアップロードすることもできますが、
YouTube動画を活用するのは、SEO効果が高いからです。

YouTubeに動画を投稿する際、あなたのブログの情報やURLを記載することにより、
あなたのブログにYouTubeからリンクが貼られることになります。

つまり、少し専門用語になりますが、外部対策としての被リンク効果があるのです。

また、これは正確に公表されている訳ではありませんが、
明らかにYouTube動画の方が、検索上位になりやすい傾向があります。

通常の文章の記事だけであれば、検索上位に上がるまでに3ヶ月程度はかかるのですが、
YouTube動画を埋め込めば、早ければ30分後に検索上位になる可能性もありえます。

理由2 新規顧客層の獲得につながる

ネット上には様々なコンテンツが溢れているため、ネットユーザーはせっかちな傾向があります。

もちろん文書をじっくりと読むことに慣れている方もいますが、
多くの読者はざっと流し読みをしたいと考えています。

最近では、低年齢層を中心に、文章をざっと読むことすら抵抗を示す顧客層も増えています。
文章だけでなく、動画で伝えることで、幅広い顧客層の幅広いニーズに応えることができるようになります。

また、YouTubeやFacebookに動画を投稿することで、
GoogleやYahoo!の検索エンジン以外からもアクセスを集めることが期待できます。

GoogleやYahooを利用している顧客とはまた違った顧客層や利用用途の見込み客に対して、
幅広くアプローチすることが可能になります。

理由3 臨場感が伝わる

経営者や社員が顔出しで説明すれば、見込み客にとって強く印象に残ります。
インターネット販売の弱点である「信用」を獲得することにも繋がります。

やはり人は顔の見えない相手から商品・サービスを購入するのは躊躇するものです。

実際に動画で情報を発信しておけば、実際にリアルで会った時に、
かなり親近感を持って接してもらうことができますので成約率の向上も期待できます。

また、文章や静止画では説明の難しい商品の使い方なども
動画であれば簡単に伝えることが可能な場合もあります。

見込み客にとって、利便性の高い方法で、細かなニュアンスも含めて、より正確に情報発信することができるのです。

メディアミックスで情報を拡散させる

1つのコンテンツを作成したら、様々な形で、複数のメディアで情報発信することで、
レバレッジがかかります。

ブログだけでなく、YouTube、Facebook、Twitter、LINEなどのソーシャルメディにも共有し、
知人や友人の力をテコにして、無料で拡散させてください!

せっかく情報コンテンツを作成したならば、
少ない労力で多くの見込み客にアプローチしましょう。

小さな会社でも、大手に負けないぐらいの集客に成功している会社は、
例外なくこのあたりを上手く活用できています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【資産型Webマーケティング】ゼロからWeb集客をはじめる戦略的7ステップ 無料メール講座

ホームページ、折込、ネット広告・・・といろいろ試したけれどうまく行かない小さな店舗・教室オーナーの皆様へ

 

資産型Webマーケティング
予算ゼロから集客・売上アップ仕組み化する
「戦略的7ステップ」
無料メールセミナー公開中!


本来は100万円の顧問契約で話している内容の一部を、今だけ特別に無料公開。

ご存知ですか?小さな会社がたった90日で、お金をかけずに‟自動的・継続的に集客・売上アップする仕組み”をWeb上に構築する具体的な方法があることを・・・


無料メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*