Webマーケティングを成功させるための2つの壁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Webマーケティング

Webマーケティングを成功させるには、
テレビ・新聞広告やチラシといったWebを活用しない伝統的なマーケティングとの違い
を認識する必要があります。

Webマーケティングは、伝統的なマーケティングに比べて
「圧倒的に低コストで迅速に全世界に向けて」情報を届けることができる
というメリットがある一方で、ある大きなデメリットが存在するのです。

Webマーケティングがうまくいっていない会社の80%は
このデメリットを認識することなく、
従来の伝統的な手法と同じような感覚で行っているので失敗しているのです。

Webマーケティングのデメリット

①販売者の顔が見えないので信用されにくい

リアル店舗であれば直接顔をあわせることができます。
Webではどこの誰が販売しているのが見えにくいため
見込み客から信用を得るためにはリアル店舗よりも時間がかかります。

②商品・サービスの価値が伝わりにくい

リアル店舗であれば、商品を直接手に取ってみたり、サービスを体験したり、雰囲気を感じ取ってもらうことができます。
Webでは形の見えないものの価値を伝えるスキルや仕組みが必要になります。

Webマーケティングの2つの壁

Webマーケティングで成功するには、
「信用を得る」「価値を伝える」という2つの壁を超える必要があるのです。

綺麗なホームページを作成し、
チラシやネット広告でアクセスを流しても集客につながっていないのは、
「信用」「価値」という2つの壁を乗り越えさせることができていないからです。

またWeb上では容易にライバル会社のWebサイトと比較検討されてしまいます。

大きな広告予算をかけて作成されたWebサイト、名の知れた有名な大手企業と比較検討されたときに、
あなたの会社はお客さんから選ばれるWebサイトになっていますでしょうか?

Webサイトのよくある4つの改善点

信頼を得て正しく価値を伝えるために、最低限必要な4つのチェックポイントをお伝えします。
是非、今すぐあなたの会社のWebサイトをチェックしてみてください!

①会社概要

住所と代表者名のみ記載されているで信用が得られていない
⇒代表者のプロフィールや想いを記載しましょう。小さな会社の場合、あなたらしさを伝えることが重要です。

②写真

文字だけの情報であり信用が得られていない
⇒代表者の顔写真は必須として、店舗・教室内の雰囲気やお客様の様子などがわかる写真を掲載しましょう。

③商品の特徴

ライバル会社に比べて何が優れているのかの具体的な記載がないため価値が伝わっていない
⇒Web上ではライバル会社と容易に比較検討されてしまうことを前提として、違いを具体的に記載しましょう

④ターゲット

どんな人が使っている商品・サービスなのかが分からず価値が伝わっていない
⇒「お客様の声」をたくさん載せましょう。自分と同じようなお客さんがいれば、それだけで価値が高まります。

Webサイトの先にも人がいる

小さな店舗・教室ビジネスの場合、会社=代表者のあなた、となります。

・あなたとの信頼関係を構築する
・あなたの商品・サービスの価値をきちんと伝える

この2つに壁さえクリアすることができれば、
Webマーケティングはあなたの会社に多くのメリットを与えてくれます。

是非、リアル店舗でお客さん一人ひとりと向き合って接客されているように、
PCやスマホの先にもお客さんがいることを意識してWebマーケティングに取り組んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【資産型Webマーケティング】ゼロからWeb集客をはじめる戦略的7ステップ 無料メール講座

ホームページ、折込、ネット広告・・・といろいろ試したけれどうまく行かない小さな店舗・教室オーナーの皆様へ

 

資産型Webマーケティング
予算ゼロから集客・売上アップ仕組み化する
「戦略的7ステップ」
無料メールセミナー公開中!


本来は100万円の顧問契約で話している内容の一部を、今だけ特別に無料公開。

ご存知ですか?小さな会社がたった90日で、お金をかけずに‟自動的・継続的に集客・売上アップする仕組み”をWeb上に構築する具体的な方法があることを・・・


無料メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*