理想的なネット集客の2つの組み合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネット集客

最近は従来の折込チラシ、ポスティング、ポスターなどの紙媒体での反響が落ちてきているため
ネット集客を本格的にはじめたいと考える店舗ビジネスオーナー様が増えています。

「ネット集客といっても様々な方法があるため何からはじめていいのか分からない」
というオーナー様も多くいらっしゃいます。

確かに、ネット集客には様々な方法があり、それぞれにメリット、デメリットがありますが、
これから最短でネット集客で成果を出したいのであれば、この2つの手法を組み合わせて活用することが理想的です。

ズバリ、理想的なネット集客の2つの組み合わせは、
「リスティング広告」と「SEO」です。

リスティング広告のメリット、デメリット

リスティング広告は、出稿したその日から検索エンジンの目立つ場所に表示させることができるため、非常に即効性の高いネット集客が期待できる手法です。
一方で、クリックの都度、コストが発生し、人気のキーワードは高騰しつつあり、
小さな会社や個人が取り組んでも費用対効果的に成果を出しにくくなりつつあるのも事実です。

SEOのメリット、デメリット

SEOは、検索エンジンで上位表示させるためには、早くても3ヶ月~6ヶ月はかかります。
一方で、自社でSEO対策をすることができれば(十分可能です)、お金がかかりません。

ネット集客の最終的なゴールは、
お金をかけなくても継続的に検索エンジンから集客できる状態
と言っても過言ではありません。

2つのネット集客の順番

リスティング広告とSEOのメリット、デメリットを考慮すれば、

まずは、短期的にはお金を多少かけてでもリスティング広告を行い、
中長期的には、SEOで検索上位表示されるようになってきたら徐々にリスティング広告予算を減らしていく

という順番となります。

ネット集客で相乗効果を発揮させる方法

理想的なネット集客をはじめる上で、もうひとつ大事なポイントがあります。

それは、「キーワード選び」です。

SEO対策をする際には、どのキーワードでの上位表示を狙うかがとても重要ですが、
結果が判明するまでに時間がかかるため軌道修正がしにくいという問題があります。

その問題を解決できるのが、リスティング広告です。

リスティング広告を行うことで、
「どのキーワードがクリックされ、購買まで結びつきやすいのか」
を実験データとして蓄積することができます。

効果の出るキーワードに狙いを絞って対策をすることで、
SEOで効果を出せるまでの時間を短縮することが可能になります。

小さな会社のネット集客は社長の仕事

リスティング広告を広告代理店に委託すると、30万円以上の広告予算~としている会社が多く、
かつ広告代理店としてもエースは多額の予算をかけてくれる大手企業を担当しますので、
あまり大きな広告予算をかけるのが困難な小さな会社の場合ですと、
新入社員や経験の浅い社員が担当者になってしまう可能性が高いです。

なので、小さな会社の場合は、自社でリスティング広告をされることをお勧めします。
自社や顧客のことを一番熟知している社長自らが、さまざまさキーワードを試して検証する中で、
効果の出るキーワードを探して迅速にSEO対策に反映させることが可能になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【資産型Webマーケティング】ゼロからWeb集客をはじめる戦略的7ステップ 無料メール講座

ホームページ、折込、ネット広告・・・といろいろ試したけれどうまく行かない小さな店舗・教室オーナーの皆様へ

 

資産型Webマーケティング
予算ゼロから集客・売上アップ仕組み化する
「戦略的7ステップ」
無料メールセミナー公開中!


本来は100万円の顧問契約で話している内容の一部を、今だけ特別に無料公開。

ご存知ですか?小さな会社がたった90日で、お金をかけずに‟自動的・継続的に集客・売上アップする仕組み”をWeb上に構築する具体的な方法があることを・・・


無料メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*