30代から始める第2の収入源

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第2の収入源

今回は「知識を活かして第2の収入源をつくる方法【後編】」として、
前回のブログの続きをお伝えします。

【参考文献】こちらの書籍に記載されています↓
7年以内に最低1億円の個人資産をつくる ㊙資産形成術

1.専門分野を絞り込む
2.専門分野に精通する
3.自分を売り込む

について、私なりの30代から始める第2の収入源の作り方について解説してきます!

1.専門分野を絞り込む

マーケティングというとUSPや差別化などの言葉を見聞きしたことがある方は多いと思いますが、
難しく考える必要はありません。

専門分野を絞り込むこと=USP、差別化

となり得ます。

例えば、朝専用の缶コーヒーとすることで激戦の缶コーヒー市場において見事にヒット商品となり成功した事例がありますね。おそらく私も含めた多くの人が朝専用の缶コーヒーの味が他の缶コーヒーに比べて、どのように異なり朝専用なのかは分かりませんが、、、朝、自販機で缶コーヒーを買うなら朝専用と謳われている缶コーヒーを選んじゃいますね。

私の例で言えば、会社員時代に複業として中小企業診断士の受験対策スクールをやっていましたが、大手ライバルとの違いを生み出すために専門分野を絞り込みました。2次試験対策のみを取り扱い、さらに2次試験の過去問対策の解き方に特化した講座を行うことで、専門分野を確立し、知識を活かした第2の収入源をつくっていました。

リソース(お金と時間)に制約のある複業では、特にその他大勢のライバルに埋もれない専門分野を確立することが重要です。

2.専門分野に精通する

専門分野を絞り込んだ上で、その分野の専門性を深めていくことで付加価値が高まります。専門分野を絞り込むこと自体は誰でもできてしまいます(専門用語ではポジショニング戦略といいます)。

なので、真似されて文句を言っても何も始まりませんので、後発のライバルに真似されたとしてもビジネスが成り立つように、その分野における第一人者としての地位を早急に確立しましょう。

そのためにお勧めしたいのが「教えることで学ぶ」という学習方法です。実は、お金を払って学んでいる人よりも、お金をもらって教えている人の方がたくさんの学びを得られます。

セミナーや書籍で勉強したつもりになっているだけでは駄目です。自分で実践してみるだけでもまだ弱いです。学んだ内容を他人に教えてみることを通じて、本当に自分が理解できているかどうかがわかるようになります。

詳細については、こちらの動画を是非、ご参照ください↓

3.自分を売り込む

知識や技術を教えることを仕事にする先生業ビジネスをされている方は、売り込むことに対して苦手意識を持たれている方が多いのではないでしょうか?先生としての権威性を保つ必要がありますので、飛び込み訪問の営業マンのように頭を下げて契約をもらうことは難しいでしょう。

そのような方にお勧めしたいことが3つあります。

1つ目:情報発信をする

専門家としての知識やノウハウをブログなどのメディアを通じてガンガン発信していきましょう。いい情報を発信し続けていると、お客さんの方からアプローチをしてもらえるようになります。「是非、あなたから学びたい!」と売り込まなくても自然に売れるようになれれば理想的ですよね。

2つ目:あなたを売り込む

知識やノウハウといった情報自体で差別化を図ることは年々難しくなるでしょう。なぜならネットで検索すれば膨大な情報を誰でも一瞬でアクセスできる時代だからです。

このような時代においては「あなたらしさ」というフィルターを通して情報を加工するところに価値が生まれます。

たとえば、小中学校の先生を思い出してみてください。先生から教えてもらいましたが、教えてもらった内容はその先生のオリジナルでしたでしょうか?違いますね。大昔の偉人が発見した情報を教科書にして、代々受け継がれてきた内容を教えていただけのはずです。

でも、同じ内容を教えているにも関わらず人気のある先生と人気のない先生に分かれていたのも事実でしょう。教える「知識」自体に差は無くても、教え方やその先生の人柄や個性に違いが生じるからです。

なので、情報発信をするときに、「あなたらしさ」を意識して教えるように意識しましょう。

3つ目:売り込まなくても売れる仕組みをつくる

端的にいえば「マーケティング」をしましょう、ということです。ドラッカー曰く「マーケティングとはセールスを不要にするもの」です。

1つ目、2つ目の取り組みを継続していくこと、そして複業を想定するならば「インターネット」を活用した仕組みを構築することが重要になってきます。

第2の収入源をつくるための今すぐアクションプラン

今回の話を踏まえてあなたの知識を活かした第2の収入源をつくることにチャレンジしましょう。

STEP1 あなたの専門分野はなんですか?

STEP2 専門性を深めるために関連書籍を5冊入手してください。

STEP3 ブログ、Facebook、YouTubeなどなんでも構いませんので、学んだことをアウトプットしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*