PPC広告より99倍の効果を発揮するソーシャルメディア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PPC広告 ソーシャルメディア

店舗や教室を経営していると、
忙しいときに限って業者からこのような電話がかかってきたことはありませんか?

「○○○ソリューションの××です。PPC広告をしませんか?」

お客さんからの電話だと思って上ったテンションが一気に覚めまてしまいます。。。

PPC広告とは

「そもそもPPC広告って何?」
という方もいらっしゃると思います。

そんなことはお構いなしに専門用語をまくしたてられるので
電話を切る時にはついイラッとしてしまう方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、PPC広告とは、
「Pay Per Click(ペイ・パー・クリック)」の略を意味する言葉で、
ユーザーがGoogleやYahooで検索したキーワードに応じて広告を表示させ
広告が実際にクリックされた回数分だけ費用が発生する
クリック課金型のインターネット広告のことです。

PPC広告で効果的な見込み客は・・・

見込み客には3種類のタイプがいます。

タイプ1:今すぐ客(緊急性が高く、重要な問題を抱えている)
タイプ2:そのうち客(緊急性は高いが、重要な問題という認識はない)
タイプ3:お悩み客(緊急性は低いが、重要な問題を抱えている)

このうち、PPC広告で効果を発揮できるのは、
具体的な悩みがあって欲しい商品・サービスも決まっている
「タイプ1:今すぐ客」のみです。

PPC広告市場は激戦

ニーズで2つに分類すると、このようになります。

「タイプ1:今すぐ客」⇒顕在ニーズ

「タイプ2:そのうち客」⇒潜在ニーズ
「タイプ3:お悩み客」⇒潜在ニーズ

ちなみに、「タイプ1:今すぐ客」は全体の何%ぐらいだと思いますか?



実は、1%ぐらいなのです。
つまり、限られた1%のパイを奪い合っている激戦市場がPPC広告市場の世界なのです。
年々、クリック単価が上がってきており、費用対効果が悪い・・・と悩んでいる方もいることでしょう。

ソーシャルメディアで潜在ニーズに対応する

PPC広告では、何かすでに目的を持って検索してくれる訪問者にしか効果がありません。

いくら広告予算を注ぎ込んでも
そもそも検索してくれない見込み客にはアピールできませんね。

そこで、登場するのが「ソーシャルメディア」です。

ソーシャルメディアとは、
インターネット上で、ユーザー同士が情報を双方向に交流する
ことによって成り立っているメディアのことです。

具体的には、
・ブログ
・Twitter
・Facebook
などです。

このソーシャルメディアの最大の特徴は、
「双方向の交流が可能である」という点です。

企業とお客さんだけでなく、お客さん同士も
双方向の交流を図ることが可能です。

なので、さまざまな場面での接触頻度を高めることができ、
徐々に潜在ニーズを顕在化させていくことができます。

小さな店舗・教室オーナーはソーシャルメディアを活用しよう

しかも、ソーシャルメディアは
PPC広告やSEO対策のように
外部の専門業者にお金を支払わなくてもOKです。

手間暇さえかければ自分でできてしまい、
多くのアクセスを集められるようになってきます。

大企業のように継続的に大きな広告予算を捻出するこが厳しければ、
ぜひ、ソーシャルメディアを活用した集客・売上アップを目指してください。

まずは、今すぐブログ、Facebook、Twitterなどをはじめましょう。
既に始めている方は、効果的に活用する方法を学びながら実践していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【資産型Webマーケティング】ゼロからWeb集客をはじめる戦略的7ステップ 無料メール講座

ホームページ、折込、ネット広告・・・といろいろ試したけれどうまく行かない小さな店舗・教室オーナーの皆様へ

 

資産型Webマーケティング
予算ゼロから集客・売上アップ仕組み化する
「戦略的7ステップ」
無料メールセミナー公開中!


本来は100万円の顧問契約で話している内容の一部を、今だけ特別に無料公開。

ご存知ですか?小さな会社がたった90日で、お金をかけずに‟自動的・継続的に集客・売上アップする仕組み”をWeb上に構築する具体的な方法があることを・・・


無料メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*