鳴かぬなら鳴かせてみせよう三種の神器で関係構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関係構築

ひとりでビジネスをする複業(副業)・起業に欠かせない三種の神器があります。

三種の神器=ブログ、メルマガ、ホームページです。

限られた時間と資金の中で成果をあげるためには、うまくインターネット上の武器を活用することが必要だからです。

 

ただし、それぞれ役割が異なりますので、その違いを意識した上で、有効活用できるようにしましょう。

ブログ=集客 → メルマガ=関係構築 → ホームページ=販売

ブログ=集客

ブログはインターネット上で見込み客を集めることが目的です。

リアルでの活動に置き換えると「名刺」のようなものです。
会社員の営業マンの時代に、新規顧客開拓のために展示会で名刺交換をしに行っていました。いきなり飛び込み訪問やテレアポをするのは非常に障壁が高い世の中になりましたので、まずは継続的にコンタクトを取るための名刺をゲットするためです。

異業種交流会に足繁く通っている保険の営業担当者も同じです。その後の商談に向けたアプローチをするための名刺交換に来ているのです。

ブログも同じです。ブログの本当の目的はメルマガに登録してもらうことです。ブログは見込み客が訪問してくれるのを待つしかありませんが、メルマガに登録してもらえれば、こちらのタイミングで情報を届けることができますね。

メルマガ=関係構築

メルマガは見込み客との関係構築をすることが目的です。

リアルでの活動に置き換えると「チラシ(DM)」のようなものです。よく家に宅配ピザや宅配寿司屋のチラシが入っていますね。継続的に何度も送られてくるので、一度ぐらいはピザや寿司の宅配を頼んだ経験はあることでしょう。

私も大学受験予備校オーナーとしてポスティングをやっていますが、「10回配ってはじめて認知されると思え!」という言葉をいただいたことがあります。

そのぐらい継続的に接触することが重要ということです。

会社員の営業マン時代も、足繁く継続的に訪問して関係構築できている人が売れていたのを思い出しました。最近では、外回りの営業マンではなく、インサイドセールス(継続的に情報発信や電話対応をする担当者)の体制を強化している企業が増えてきているのも同じような理由からでしょう。

ホームページ=販売

ホームページは販売することが目的です。

リアルでの活動に置き換えると「店舗や会社」のようなものです。

たとえば、継続的にチラシやDMなどで関係構築を続けてきた見込み客に店舗に来店してもらい商品を買ってもらうということです。企業の営業マンであれば「商談をする」ということですね。

新規のお客さんがいきなりホームページを訪れて商品を購入するということはあまり期待できません。まずは問い合わせをしていただいて、関係構築をした上で、販売につなげるというのが一般的でしょう。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)=仕組み

このように、ワンステップで飛び込み訪問で商談を仕掛けるのではなく、ツーステップでまずは関係構築してから販売につなげるマーケティングがダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の考え方になります。

具体的には、まずはブログで見込み客を集めて、無料プレゼントの代わりにメールアドレスを登録してもらい、メルマガで継続的に関係構築したのちに、ホームページやランディングページ(LP)などへ誘導して販売するという手法です。

まずは、このような仕組みをネット上に構築することが、限られた時間と資金の中で活動するひとりビジネスでの複業(副業)・起業を成功させる秘訣です。

1日15時間モーレツに頑張り続ける前に、しっかりと仕組みを構築しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【資産型Webマーケティング】ゼロからWeb集客をはじめる戦略的7ステップ 無料メール講座

ホームページ、折込、ネット広告・・・といろいろ試したけれどうまく行かない小さな店舗・教室オーナーの皆様へ

 

資産型Webマーケティング
予算ゼロから集客・売上アップ仕組み化する
「戦略的7ステップ」
無料メールセミナー公開中!


本来は100万円の顧問契約で話している内容の一部を、今だけ特別に無料公開。

ご存知ですか?小さな会社がたった90日で、お金をかけずに‟自動的・継続的に集客・売上アップする仕組み”をWeb上に構築する具体的な方法があることを・・・


無料メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*