「副業」と「複業」の3つの違い~今すぐ複業をやろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
複業

最近は「会社に勤めながら複業で稼ぎたい」という人がどんどん増えています。

終身雇用、年功序列型の給与制度は崩壊し大企業といえども決して安泰とはいえない時代です。
元シャープ社員ですので、身に染みて実感しています。。。

いくら会社のために頑張って残業して、休日は家族との時間を犠牲にして自己啓発に励み、何とか出世できたとしても、今後は給料が上がっていく保証はないでしょう。

それどころか出世しても年収が下がるという経験を私はしていますww会社の業績が傾いた時、会社は従業員を守ってはくれませんでした。お世話になった先輩がリストラされ、同僚が毎月のように次々と転職していく姿を目の当たりにしてきました。

なので、特に30代以下の若い世代に対して、声を大にして言いたい!

「自分と家族の人生を守るために今すぐ複業をやりましょう!」と。

私がお勧めするのは、副業ではなく「複業」です。

今回は、私が考える「副業」と「複業」の3つの違いについてお伝えします。
あなたが考える「フクギョウ」は果たしてどちらでしょうか?

違い1.月収目標

副業:月収5万円~10万円
複業:月収30万円以上~

残業規制や低収入をカバーするためのおこずかい稼ぎを行うのが「副業」で、
いざ!という時のためのリスク分散としてもうひとつの収入の柱を構築するのが「複業」です。

違い2.目的

副業:嫌々やる、楽して稼ぎたい!
複業:好きなこと、得意なことで役に立って稼ぎたい!

今の給料だけだと心もとないので時間の切り売りをして片手間で稼ぎたいな~というのが「副業」で、
他人の役に立つことで心の報酬も得られるのが「複業」です。

違い3.本業との関係

副業:こっそり、隠しながらやる
複業:正々堂々と、本業に活かす

同僚にバレないように後ろめたい気持ちを抱えながらやるのが「副業」で、
経営者視点でビジネスを行うことで本業にも好影響を及ぼすのが「複業」です。

今すぐ複業に取り組もう!

これからの時代、ひとつの会社に収入源を依存するのはとても危険でしょう。

いざ!という時、会社はあなたを守ってはくれません。

あなたとあなたの家族の人生を守るのは「複業」です。

「リスク分散」を図り、「心の報酬」を得ながら、「本業にも活かす」ことができる複業
是非、今すぐ取り組んでください!

副業と複業の3つの違いの詳細はこちらこらご確認ください↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*