鬼に金棒、キチガイに独自に集客できないと儲からない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
集客

Amazon、Google、Facebookが儲かっているのはなぜでしょうか?

世界中から大量にお客さんを集めることができているからです。お客さんを集めることができるところが、利益の大半を獲得するのがビジネスです。

では、独自に集客できないとどうなるでしょうか?儲かりません・・・。

資格起業、副業、会社員の場合について、それぞれご説明します。

資格起業の場合

資格を取得しても稼げていない人が最も悩んでいることは「集客」です。なので、多くの資格ホルダー(特に独占業務がない中小企業診断士、コーチングなど)の方は「協会」に登録して仕事の斡旋を待つようになります。協会で人脈をつくって仕事の紹介を期待したりもします。

または資格学校の講師として、資格取得のための勉強方法を教える講師になる人も多いですね。試験勉強の経験を活かして、生徒に感謝されながらお金を稼ぐことができますので、やりがいもあります。

しかし、「協会」や「資格学校」からの仕事はほとんど儲かりません。なぜなら集客を協会や資格学校に依存しているからです。

協会からくる仕事は雑用のような仕事ばかりですし、資格学校からはアルバイトとして低賃金で雇われている状態です。せっかく貴重なお金や家族との時間を犠牲にして資格を取得したのに・・・これではもったいないですね。

資格を取得して独立して成功している人は、ほぼ例外なく自力での集客が上手くいっている人です。

副業での物販の場合

たとえばAmazon輸出・輸入やせどり(古本屋で仕入れてAmazonで販売する)などは会社員の副業として人気です。資格や知識がなくても誰でも安く商品を仕入れて、それよりも高く掲載して売れれば儲けることが可能だからです。

しかし、ほとんど儲かりません。なぜならAmazonに集客を依存しているからです。

確かに会社として潤沢な資金があって大量に仕入れて大量に販売することができれば、儲けることができるかもしれませんが、たった一人の副業であれば、せいぜいおこずかい稼ぎレベルにしかなりません。

さらに薄利多売のビジネスモデルとなりますので、売れれば売れるほど配送などの手間(もしくは外注コスト)がかかることになりますので要注意です。

副業の場合は「時間」という制約条件も加味してどのビジネスをするのかを選択するようにしましょう。本業が忙しい中、限られた時間の中でやる必要があるからです。目先の「誰でも簡単に稼げます!」みたいな文言に踊らされないように冷静に判断しましょう。

物販をやるにしても、独自に集客できるようになれば、マージンを抜かれませんし、逆に有料で広告を掲載してほしいとお願いされるようになります。その状態になれば、まさに「不労所得」となるのでおいしいですね。

会社員の場合

会社の看板で集客をしているのが会社員です。どんなに成果をあげても会社の看板で仕事をしているので給料はそれほど変わりません。会社に1,000万円の利益アップをもたらす成果をあげたとしても、月給1,000円アップぐらいでしょう^^

たとえば、営業力に自信のある方が独立して上手くいかないケースがあります。それは、集客を会社の看板に依存していたからです。どんなにセールス力が優れていたとしても、お客さんを集めることができなければ宝の持ち腐れです。

将来、起業したいと考えている会社員の方は、会社員のうちから独自に集客できるスキルを身に着けておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【資産型Webマーケティング】ゼロからWeb集客をはじめる戦略的7ステップ 無料メール講座

ホームページ、折込、ネット広告・・・といろいろ試したけれどうまく行かない小さな店舗・教室オーナーの皆様へ

 

資産型Webマーケティング
予算ゼロから集客・売上アップ仕組み化する
「戦略的7ステップ」
無料メールセミナー公開中!


本来は100万円の顧問契約で話している内容の一部を、今だけ特別に無料公開。

ご存知ですか?小さな会社がたった90日で、お金をかけずに‟自動的・継続的に集客・売上アップする仕組み”をWeb上に構築する具体的な方法があることを・・・


無料メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*