貧乏暇なしの状態から抜け出す3ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
貧乏暇なし

資格、知識、技術を身につけてビジネスを行う士業、コンサルタント、コーチ、セラピストなどは
クライアントの役に立つことで感謝されながら収入を得られる仕事です。

非常にやりがいがあるというメリットがあります。

しかし、一方でデメリットも存在します。

労働集約型のビジネスであるため、
一生懸命にクライアントのために尽くせば尽くすほど忙しくなるのです。

さらに、自分の知識・技術が商品であるため、
対応できるクライアント数にも限りがあり、すぐに売上に限界がきます。

「全てはクライアントのために!」という創業時の崇高な理念も
いつしか忙しさに負けて手を抜くようになってきます。

手を抜くと当然ながらクライアントに成果を出させることが難しくなるため、
ビジネスが低迷していきます。。。

その結果、
いつまで経っても貧乏暇なしの状態から抜け出せずに悩んでいる・・・。

このような悩みをかけている人は他にいませんか?

今回はこのような方へ「貧乏暇なしから状態から抜け出す3ステップ」のアドバイスを差し上げます。

これを知ることで、
クライアントに感謝されながら、
1日3時間労働で年収1,000万円のビジネスオーナーになる
ことが可能になります。

逆にこれを知らないと、
いつまで経っても好きな時に好きな人と海外旅行に行くことができないどころか、
お金のために嫌なお客さんとも我慢して付き合わなくてはいけないため、
ビジネスを3年継続させることすら難しくなるでしょう。

では、はりきっていきましょう!

貧乏暇なしの状態から抜け出す3ステップ

1.高額商品・サービスを作成する

独立起業や新規事業を立ち上げて月収100万円を達成することを
ひとつの目標に掲げている人は多いことでしょう。

たとえば、月に1万円のサービスを販売している場合、
月収100万円を達成するためには100人のクライアントを獲得する必要があります。

しかし、これは現実的な数字ではありません。

なぜなら、
ビジネスを立ち上げる時に最も苦労するのは「集客」
だからです。

集客するためにはお金や時間がかかります。
お金をかければ利益が減りますし、
時間をかければサービス提供の時間が減るので売上の上限が低くなります。

なので、労働集約型のビジネスで月100万円稼ぎたい場合は、
「少ない人数に対して高額商品・サービスを販売する」
というのが基本戦略になります。

少し試算してみましょう。

5万円のサービス×20人=100万円
10万円のサービス×10人=100万円
25万円のサービス×4人=100万円
50万円のサービス×2人=100万円

いかがでしょうか。

このように数値化して考えてみると、よく分かりますね。

もちろん業界やビジネスモデルにもよりますが、
できれば25万円以上の商品・サービスを取り扱い
4名以下のクライアントを獲得するぐらいが
月収100万円を達成するための現実的なラインでしょう。

2.コンテンツ販売する

士業、コンサルタント、コーチ、セラピストなどのビジネスモデルの欠点は、
自分が経営者(マーケッター&セールスパーソン)であると同時に、
自分が商品でもあるという点です。

1対1のセッションなどのサービスを提供している限り、
提供できるクライアントの数には限りが生じます。

さらに、日々のサービス提供の忙しさに負けて
経営者の仕事であるマーケティングやセールスが疎かになりがちなため、
その場凌ぎの仕事をこなすだけに陥りやすくなります。

この負のスパイラルを解決する方法が、
「自分の分身をつくる」ということです。

それが、コンテンツ販売です。

コンテンツ販売とは、
自身の知識・ノウハウなどを音声やDVD動画などにして販売することです。

「コンテンツ販売」をひとつの収入の柱にもっておくことは
売上・利益への貢献だけにとどまらず、非常に有効です。

自分の労働に頼らずとも商品を1対多で提供できるため、
経営者の仕事(マーケティング&セールス)に時間を割くことができるようになります。

すると、中長期的な視点でビジネスを設計することができるようになりますので、
目先の利益にとらわれずに、ビジネスを拡大する可能性が見えてきます。

たとえば、
コンテンツをフロントエンド商品(集客用商品)として安価に販売することで、
ビジネスを立ち上げる時に最も苦労する「集客」に役立てることができます。

セッションなどのサービスを提供する時に、
追加の関連商品としてコンテンツを販売することで、
客単価アップにつなげることもできます。

店舗系の地域ビジネスをされている方であれば、
コンテンツ販売で一気に商圏を全国、全世界へと広げることもできます。

このような可能性が一気に広がるのがコンテンツ販売の最大のメリットです。

3.スクールビジネスにする

これまで説明してきました
「高額商品・サービスを作成する」と「コンテンツ販売する」のメリットを組み合わせたのが、
「スクールビジネス」になります。

高額商品・サービスを販売することのメリットは理解したとしても、
1回のセッションで25万円を請求するのは相当な専門性がないと難しいでしょう。

なので、3ヶ月~6ヶ月程度のスクール形式で販売することで、
高額商品販売の障壁を低くすることができます。

スクール形式で提供する商品・サービスは、なるべくコンテンツ化して提供することによって、
1対多に対して労力をかけずに販売することができるようになります。

Web(オンライン)スクールとすることで、
全国の生徒に対して、きめ細かな対応をすることもできます。

さらに、スクールビジネスの優れている点があります。

それは、、、
生徒(クライアント)を将来の自分の分身の講師として
採用・育成することができる点です。

今の時代、特に小さな会社・個人がビジネスを拡大させる上で、
最大のボトルネックになるのが「優秀な人材を採用すること」です。

自分の想いに共感し、自分の知識・技術を学んだ優秀な生徒を
ビジネスパートナーとしてタダでリクルートできてしまう可能性があるのが
スクールビジネスの最大のメリットです。

ここが実現できれば、
ビジネスオーナーとして1日3時間の労働で、
年収1,000万円以上の報酬を得ることはそれほど難しいことではなくなります。

好きなことを仕事にする前に・・・

士業、コンサルタント、コーチ、セラピストなどの教育ビジネスに携わる人たちは、
お金よりも「やりがい」を求めて今の仕事をしている方が多いことでしょう。

「自分の好きなこと、得意なことを活かして感謝されながら仕事をする」

とても素晴らしいことだと思います。

しかし、趣味ではなくビジネスとして仕事をするのであれば、
稼げなければいけません。

稼げなければ、ビジネスを継続させることができず、
結果として、クライアントに価値を提供し続けることができなくなるからです。

そのためには、
どんな商品・サービスを提供するかよりも、
どんなマーケティング・セールス手法を用いるかよりも
優先度が高いものがあります。

それは、、、「ビジネスモデル」です。

どのような「ビジネスモデル」を設計するかどうか次第で、
同じ商品を同じ方法で販売したとしても、
労働時間、収入は大きく変わってきます。

是非、今回の3つの方法をヒントにして、
あなたのビジネスモデルの再検討をしてください!

貧乏暇なしの状態から抜け出しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【資産型Webマーケティング】ゼロからWeb集客をはじめる戦略的7ステップ 無料メール講座

ホームページ、折込、ネット広告・・・といろいろ試したけれどうまく行かない小さな店舗・教室オーナーの皆様へ

 

資産型Webマーケティング
予算ゼロから集客・売上アップ仕組み化する
「戦略的7ステップ」
無料メールセミナー公開中!


本来は100万円の顧問契約で話している内容の一部を、今だけ特別に無料公開。

ご存知ですか?小さな会社がたった90日で、お金をかけずに‟自動的・継続的に集客・売上アップする仕組み”をWeb上に構築する具体的な方法があることを・・・


無料メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*