【複業のすすめ】経営者感覚を持って働くために必要な2つの視点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
複業

ホリエモンがこのように言っています。

========================
これからは複数の仕事を掛け持ちするのが当たり前になる

会社が社員に副業禁止を押しつける正当な理由なんてない
========================

賛否両論あると思いますが、私もこの意見に賛成です。

これからの時代、
ひとつの収入源にしがみつくことは大きなリスクになるでしょう。

実際にシャープが経営不振に陥った時、
どれだけ会社に貢献して頑張っていたとしても
否応なしにボーナスカット、給与削減、
そして希望退職という名の半強制的なリストラが行われました。

大企業の従業員こそ報われない理由

経営者の立場としては、当然の選択だと思います。

でも

当然、働く従業員は報われないですよね。。。

いきなりポンと外に投げ出されても、
残念ながら社内での評価と市場価値は異なる場合が多いのす。

特に大企業になればなるほど。

なぜなら、、、

1,会社の看板の力で仕事ができてしまうから

2,業務が分業化・専門化されているから

3,プライドが高いから

です。

その結果、
社外で活かせるスキルが身に付いていない可能性が高い
のです。

仮に、うまく転職できたとしても、
果たしてその会社は3年後も安泰だと言い切れますか?

ピンチはいきなりやってきます。

今、好調な自動車産業だって、
3年後、5年後どうなるかは誰にも分かりませんよね。

複業(副業)で市場価値の高いスキルを磨く

では、社外でも通用する市場価値とは何でしょうか?

最も大事なスキルは、

========
お金を稼ぐスキル
========

です。

これさえあれば、後は何とかなります。

でも、残念ながら、
会社で仕事をしているだけでは、
お金を稼ぐスキルは身に付きません。

自転車に乗ってみないと乗れるようにならないのと同じです。

よく会社では、

「経営者感覚で仕事に取り組みなさい!」

なんて言われる場合がありますが、

そんなの従業員として働いている限り無理ですよ!!

そういうあなたは、
経営者として自分でお金を稼いだことはあるんですか?
と逆ギレしてください^^

経営者感覚を持って働くために必要な2つの視点

経営者感覚を持って仕事で成果を出してほしいのなら、
複業(副業)を認めて経営者感覚を身につけさせるべきでしょう。
※当然、自社と競合するようなビジネスはNGです。

複業(副業)をすることで、
「企画→集客→営業→サポート→経理」
といったビジネスの全体像を理解することができます。

そしてビジネスを行う上で最も重要な
「顧客志向」が身に付きます。

これら2つを身に付けることができれば、
正直、大企業で成果を出すのは簡単です^^

その他大勢が与えられた業務をこなすことしかしない中、
顧客視点でビジネスの全体像を理解した上で、
創意工夫をすることができるようになるからです。

当然、複業(副業)を通じてスキルが上れば、
会社の業績にも貢献できるのです。

会社と従業員はWin-Winの関係になるのです。

何か会社にとってのデメリットはありますか?

そんなことをしたら、
優秀な人材がどんどん会社を辞めてしまうじゃないか!

という意見もあるでしょう。

そしたら、それはそれまでの会社だったということです。

会社に魅力が無かった、魅力を伝えられなかった
ということを悔やむべきでしょう。

繰り返しになりますが、
いざという時、会社は従業員を守ってはくれません。

経営者としては当然の判断です。

ならば、従業員はいざという時のために
ひとつの会社にしがみつくのではなく
複数の収入の柱をつくっておくべきでしょう。

「お金を稼げるスキル」を身に付けておくべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【資産型Webマーケティング】ゼロからWeb集客をはじめる戦略的7ステップ 無料メール講座

ホームページ、折込、ネット広告・・・といろいろ試したけれどうまく行かない小さな店舗・教室オーナーの皆様へ

 

資産型Webマーケティング
予算ゼロから集客・売上アップ仕組み化する
「戦略的7ステップ」
無料メールセミナー公開中!


本来は100万円の顧問契約で話している内容の一部を、今だけ特別に無料公開。

ご存知ですか?小さな会社がたった90日で、お金をかけずに‟自動的・継続的に集客・売上アップする仕組み”をWeb上に構築する具体的な方法があることを・・・


無料メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*