【複業を飛躍させるコツ】働き方と仲間の存在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
複業

ワーク・シフトという書籍をご存知でしょうか?

2013年のビジネス書大賞を受賞した「2025年の働き方」に関する本です。

この書籍の中で、理想の未来の働き方として、「3つのシフト」が提唱されています。

<働き方を変える! 3つのシフト>
①ゼネラリスト→連続スペシャリスト
②孤独な競争→みんなでイノベーション
③金儲けと消費→価値ある経験

これからの時代は、
ひとりでコツコツと成功を目指すのではなく、
ビジョンや価値観の合う仲間と共にチーム単位で夢を叶える時代であると述べられています。

たくさん勉強して、いい大学に入って、いい会社に就職して、いい資格を取得したとしても、、、
一生安泰どころか弁護士でも年収300万円がゴロゴロいる時代です。

特に、これからの若い世代は、
国や会社に依存せずに、個人で生計を立てられるスキルが求められてくることでしょう。

逆に、だからこそ、個人で提供できる価値には限りがあるので、
異なるスキルを持つ者同士が一緒に新しい何かに取り組んで、
一気に人生を飛躍させられるようなチャレンジを決断していくことが必要ではないでしょうか。

個人競技と集団スポーツの教育効果の違い

私は小1から高3まで剣道をやっていました。
正確には親の意向で嫌々やらされていました・・・。

その反動もあり、
大学ではアメフト部に入り、
勉強そっちのけで熱い青春を過ごしました。

まさに軍隊のようにコーチから叱咤激励を受けて
シーズン中は毎日泣きながら練習をしていた記憶があります。

日本発祥で個人競技の剣道と、
米国発祥で集団スポーツのアメフト。

相反するスポーツを経験しました。

スポーツ活動の最大の目的は「教育」だと考えています。

ごくごく一部の人が
プロスポーツ選手として生計を立てることができますが、
多くの人にとって職業というよりも
教育目的の意味合いが大きいでしょう。

もちろんそれぞれに良さはありました。

努力することや礼儀作法などが学べた点において、
剣道には剣道の良さはもちろんあります。

しかし、価値観は人それぞれですが、
やはりチーム一丸となって切磋琢磨し合いながら目標達成した瞬間の
喜びと得たられた経験値の大きさではアメフトの方に軍配が上がりました。

複業を飛躍させる仲間の存在

私は会社員時代から
コツコツと周りの同僚にばれないように
こっそりと複業(副業)でお金を稼いでいました。

自分の経験・スキルでお客さんに価値を提供し、
感謝されながら報酬をいただくという喜びを実感することができました。

が、、、
喜びを分かち合う仲間はいませんでした。

もちろん、はじめは会社に頼らずに自分の力で稼げたことに対してものすごく嬉しかったのですが、それだけでは継続させることが難しかったというのが事実です。

仲間の存在

これが、ビジネスを継続させる上でとても重要です。

だからといって
馴れ合いの仲良しクラブでは
どうしようもありませんが、、、

ビジョンを掲げ、
同じ目標に向かって切磋琢磨し合える仲間
とビジネスをすることができれば、
得られるものも一気に加速しだします。

========================
まず、ビジネスで稼ぐためには個人のスキルが必要
そして、ビジネスを継続・加速させるためには仲間が必要
========================

是非、あなたの複業や本業にもこの考え方を取り入れることで、
飛躍のきっかけを掴んでいただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【資産型Webマーケティング】ゼロからWeb集客をはじめる戦略的7ステップ 無料メール講座

ホームページ、折込、ネット広告・・・といろいろ試したけれどうまく行かない小さな店舗・教室オーナーの皆様へ

 

資産型Webマーケティング
予算ゼロから集客・売上アップ仕組み化する
「戦略的7ステップ」
無料メールセミナー公開中!


本来は100万円の顧問契約で話している内容の一部を、今だけ特別に無料公開。

ご存知ですか?小さな会社がたった90日で、お金をかけずに‟自動的・継続的に集客・売上アップする仕組み”をWeb上に構築する具体的な方法があることを・・・


無料メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*