【ブログの書き方】簡単に読みやすくする5つの文章作成法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
066830c3d0f3362780564880877387dd_s

あなたはこんな経験ありませんか?

・ブログ記事を見た瞬間に「圧迫感」を感じて、すぐにページを閉じてしまった。
・一生懸命に読んだけれども、ブログの内容がまったく頭に入ってこなかった。
・無意識のうちに、すぐに下までスクロールして関連記事や広告をクリックしてしまった。

残念ながら、80%のブログ記事はすごくいいことを言っているのに、
読みやすい文章になっていません。

ブログの書き方に失敗しているのです。

実は、学校の国語の先生に習ったとおりの書き方をしてしまうと、
インターネット上のブログでは読まれない文章になってしまうのです・・・。

伝わらなければ存在していないのと同じ

どんなにいい商品・サービスを扱っていたとしても、
東京のど真ん中で日本人向けにベトナム語で販売していたら、
その良さを伝えることができずに全く売れないのと同じように

一生懸命に書いたブログ記事の内容も、
読者にその良さが伝わらなければ存在していないのも同然です。

論文や調査報告書のように
画面いっぱいに文字がびっしりと敷き詰められ、
漢字ばかりが並んでいるような書き方は、ブログでは好まれません。

書くのが苦手な方も安心してください!

「ブログの重要性は理解しています。でも、自分は書くのが昔から苦手で・・・」

という方もいることでしょう。

でも、安心してください!
学校の国語の成績が悪かったとしても、夏休みの読書感想文の宿題での評価が最悪だったとしても関係ありません。
むしろ、正確な文章を書こうとする人ほどうまく行きません。

スキルや経験には左右されない、意識すれば誰でもできる
ブログ文書を読みやすくする5つの文章作成法(書き方のポイント)をご紹介します。

ブログ記事を読みやすくする5つの書き方

1 1文の長さは40~60字以内にする

日本語は接続詞を利用すると1文をどこまでもダラダラと書けてしまいます。
適度に区切るだけでグッと読みやすい文章になります。

2 段落は4行以内にまとめる

読みやすさに加えて、
文章の内容を正確に伝えるためにも
意図的に改行を加えて、メリハリをつけましょう。

3 文章が長くなる場合は結論を先に伝える

Web上のブログ記事は「流し読み」をされてしまいます。
最初から最後まで読んでもらえないことを前提として、
伝えたい結論をズバッと先に伝えるよう書き方を工夫しましょう。

4 重要なことは目立たせる

ブログ読者に伝えたい結論やポイントなどは、
太字にしたり、色を変えたりして目立たせましょう。
「小見出し」として配置して目立たさせるのもいいですね。

5 短くて簡単な単語を使う

目安は小学5年生でも理解できる言葉を使用することです。
なるべく漢字を使用せずに「ひらがな」を使うことで
圧迫感が無くなります。
たとえば、「為⇒ため」「事⇒こと」などを意識して使いましょう。

国語の先生に習ったことは捨ててください!

今回紹介した「読みやすくする書き方」は学校では教えてもらえないことです。
これまで学校で習ってきたことは忘れましょう。

どれだけ、わかりやすくて、読みやすい文章を書けるかが、
ブログから集客、売上アップをするためのポイントです。

ぜひ、この記事を参考にして、あなたもブログの書き方を今すぐチェックしてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【資産型Webマーケティング】ゼロからWeb集客をはじめる戦略的7ステップ 無料メール講座

ホームページ、折込、ネット広告・・・といろいろ試したけれどうまく行かない小さな店舗・教室オーナーの皆様へ

 

資産型Webマーケティング
予算ゼロから集客・売上アップ仕組み化する
「戦略的7ステップ」
無料メールセミナー公開中!


本来は100万円の顧問契約で話している内容の一部を、今だけ特別に無料公開。

ご存知ですか?小さな会社がたった90日で、お金をかけずに‟自動的・継続的に集客・売上アップする仕組み”をWeb上に構築する具体的な方法があることを・・・


無料メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*