第1回たまには起業方法について真剣に考えてみよう会議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
起業方法

今回は30代から始める起業方法として4つのパターンについてご説明します。

まず、ビジネスというのは、

商品を作成する→集客する→販売する

という3つのプロセスで成り立っています。

しかし、一人ですべてのプロセスを網羅して起業するのは
非常に難しいというのが現実ではないでしょうか。

3つのビジネスプロセスのうち、どのプロセスであれば、経営資源(あなたのリソース)を活用して起業できるか、といった観点から4つに分類してご説明します。

起業方法4パターン

起業パターン① 職人系

あなたの知識や技術を商品(サービス)にして起業するパターンです。
たとえば、コーチ、コンサルタント、士業、カウンセラー、セラピスト、サロン、整体院などが該当しますね。

この起業方法は、どこまで集客・販売を自分でできるかが起業成功のカギになります。

たとえば、中小企業診断士の資格を取得しても、それだけでお客さんを獲得できることはありません。独自に集客できなければ、協会に登録して安い下請けのような仕事の委託を待つか、お金をかけて広告を出すしかありません。売ることが苦手であれば、販売代行会社と利益を折半してビジネスをするしかありません。

起業パターン② フランチャイズ系

フランチャイズというのは、
商品や集客をフランチャイズ本部から購入し、販売は独自に行うというビジネス形態になります。

お金があれば知識や経験、集客スキルがなくても起業することは可能です。

どのフランチャイズ本部を選ぶかといった目利き能力(分析力)や市場のトレンドを読む力、マネジメント能力が起業成功のカギになります。

最も確実に起業できる方法といえますが、一般的には、資金に余裕のある40代以上の人が起業方法として選択するケースが多いですね。

起業パターン③ プラットフォーム系

独自に集客することで、他社の商品を掲載して、欲しい人に購入してもらうビジネスモデルです。

売り手と買い手のマッチングを支援する、といったイメージです。

たとえば、Amazon、Google、Facebookなどです。
多くの人が集まるサイトが構築できれば、いくらでもマネタイズ(お金にすること)は可能です。

世の中、たくさんいい商品を持っている人はいます。
たくさんの人に宣伝をしたいと考えている会社・人もいます。

ただし独自のメディアを構築するのは一朝一夕にはいきませんので、
根気とスキルの両方に大きなハードルがあります。

起業パターン④ 依存系

商品もない。集客も販売もできない人が選択するパターンです。ただし、人脈はあるので、何とかならないかと考えている人が多いです。

たとえば、ビジネススクールに通っても知識と人脈は身につきますが、起業して成功するための商品・集客・販売の具体的なスキルは身につきません。経営資源が潤沢な大企業の組織内において活躍できる知識を学び、社外の人脈から新しい気づきを得るぐらいの目的で設計されているからです。

あとは手っ取り早くお金儲けしたいという人がネットワークビジネスにハマるのがこのパターンの特徴です。

決してネットワークビジネスのビジネスモデル自体が悪いわけではありませが、全てを何かに依存した状態で起業するというのは危険ですね。信用も無くしますし。。

あなたにはどのパターンで起業するのが合ってますか?

いかがでしたでしょうか?

それぞれにメリット、デメリットがありますので、
自分にはどのパターンで起業するのが合っているのかの参考になりましたら幸いです。

次回は、私がおすすめする起業方法の順番について、詳細をお伝えさせて頂きます。

お楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*