メルマガの書き方学概論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ 書き方

クライアントの方より、
「ブログとメルマガの書き方の違いは何でしょうか?」
というご質問をよくいただきます。

大事なことは、目的の違いを意識することです。

ブログ=集客 → メルマガ=関係構築 → ホームページ=販売

のセールスプロセスの流れを踏まえた上で、
ブログやホームページとの書き方の違いのポイントを3つご紹介します。

ポイント1 価値観を伝える

メルマガの後にはホームページでセールスをすることになりますが、あなたの商品・サービスを購入してもらうためには、どのような価値観や判断基準を受け入れてもらう必要があるかを考えた上で、メルマガでしっかりと伝えるようにしましょう。

同じような性能・効能のあるライバルの商品・サービスと比較された時に、価値観や判断基準を事前にしっかりと受け入れておいてもらわないと、価格勝負になってしまいます。

大手ライバルと価格競争や単純な性能・効能で勝負しても厳しい戦いになると思いますので、あなたの価値観をメルマガでしっかりと伝えておくことが、その後のセールスの成約率に大きな影響を及ぼします。

セールスの段階で伝えても、セールストークや言い訳のように聞こえてしまうので、前もって仕込んでいくことが重要です。

ポイント2 共感を得る

共感を得てもらうためには「自己開示」をすることが効果的です。

「あなたと同じように過去の私も悩んでいました・・・」といった共通点を伝えることができると一気に読者との距離を縮めることができます。

ブログとメルマガの違いはこのあたりになります。ブログ記事は全世界中の人に見られる可能性があるため、どちらかと言えば、よそ行きのフォーマルな文章にせざるをえません。メルマガの場合は、基本的にはあなたに興味があってメールアドレスを登録してくれた人のみが読者となりますので、よりプライベートな話を盛り込んで書くことができますね。

自己開示をしてあなたらしさを伝えるようにしましょう。

ポイント3 会話をする

一方的に情報を伝えるだけではなく、双方向のコミュニケーションを取ることを意識してください。

たとえば、
「あなたはこんなことで悩んでいませんか?」
「あなたはどう思いますか?」
のような感じで、相手と会話しているような口調で書くことがポイントです。

ブログやホームページの読者はノウハウを求めてサイトに訪れるのが一般的ですが、メルマガではノウハウ以外のあなたの人間味を伝えることがメルマガの目的である関係構築につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【資産型Webマーケティング】ゼロからWeb集客をはじめる戦略的7ステップ 無料メール講座

ホームページ、折込、ネット広告・・・といろいろ試したけれどうまく行かない小さな店舗・教室オーナーの皆様へ

 

資産型Webマーケティング
予算ゼロから集客・売上アップ仕組み化する
「戦略的7ステップ」
無料メールセミナー公開中!


本来は100万円の顧問契約で話している内容の一部を、今だけ特別に無料公開。

ご存知ですか?小さな会社がたった90日で、お金をかけずに‟自動的・継続的に集客・売上アップする仕組み”をWeb上に構築する具体的な方法があることを・・・


無料メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*