感情で意思決定して失敗しない方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
意思決定

「高いお金を広告費に投資したのに無駄だった・・・」

このような経験がある経営者の方は多いことでしょう。

ビジネスは投資をしないことにはリターンはありませんが、
特に中小零細企業や個人事業主にとっては、
無駄を投資をしている余裕がないのも事実でしょう。

感情で意思決定をして論理で正当化する

米国のセールス・自己啓発界の権威である
ブライアン・トレーシーはこのように言っています。

「人は感情で購買の意思決定をして、論理でそれを正当化する」

きっと勉強熱心なあなたは、
どこかで見聞きしたことがあることでしょう。

私はこれまで数多くの
セールスやコピーライティング
の教材を購入してきましたが、
必ずこの原理原則がでてきました。

=================
お客様を行動(購入)させるためには、
感情を動かせ!
=================
と。

そうなんです。

良し悪しは置いておいて、
人は感情が動くことに価値を感じるのです。

たとえば、
わざわざお金を払って
ホラー映画を観るのもそうです。

わざわざお金を払って
2時間待ちの大行列を待ってでも、
絶叫コースターに乗るのもそうです。

みんな感情を刺激されたいのです!

起業して失敗する人の意思決定

一方、購入者の立場として、
大きな決断をするときも是非考えてもらいたいのです。

論理というのは
今やっていることを正当化します。

たとえば独立起業しようとする時、
今の安定した給料や家族との時間を
失うリスクがでてきます。

当然ですが、
リターンを得るには、リスクを伴います。

自分の心に問うてみて欲しいのです。

「なぜ独立・起業したいのだろうか?」

と。

論理として、

・嫌な上司に縛られずに自由な人生を送れる、とか、
・もう満員電車にならなくてもいい、とか、
・今の会社の将来が不透明なため、とか、

正当化するための理由を並べ立てます。

が、それに惑わされないで欲しいのです。

自分自身の感情は、
何と言っていますでしょうか?

もしかしたら、自己顕示欲を満たしたいだけかもしれません。
もしかしたら、見栄を張りたいだけかもしれません。
もしかしたら、誰かに勝ちたいだけかもしれません。

そういった理由のときには、
その決断をするのは、絶対にやめましょう。

独立・起業するというのは、
「自分でビジネスをする」
ということです。

ビジネスで成功する意思決定プロセス

ビジネスというのは、
顧客に対して価値を提供することで
その対価として報酬をいただくことです。

そして、
自分の家族や、
会社の従業員を幸せにすることです。

独立・起業の決断をすることで、
喜ぶのは誰かを考えて欲しいのです。

そこが明確になっていれば
GO!です。

私は起業する前に、
何度も複業(副業)で失敗をしてきました。

目先の利益や見栄に惑わされ、
大きな時間とお金を消費してしました。

今となっては、ある意味では、いい勉強代です^^

独立・起業したら
もっと大きな決断の連続に迫られます。

・大きな不動産を契約する
・人を採用する
・大きな広告費をかける
など。

そういった時には、論理的な思考ではなく、
感情がどう言っているのか、
心の声に耳を傾けて下さい。

そして「誰」を喜ばせることができるのか?

これが意思決定の判断基準になります。

経営者が失敗しない意思決定プロセス

あなたが経営者であれば、
大事なお客様がどのような「感情の変化」を欲しがっているのか
に注目して商品開発や販売を行いましょう。

広告や人材に投資する場合は、
一時的な感情に流されずに、論理的に思考することで、
無駄な投資を防ぐことが可能になります。

あなたの一時的な感情を満たしても、会社は繁栄しません。

その投資をすることで、
あなたのお客様が欲しいと思っている「感情」を
手に入れることにつながるのか?

ここに注目して意思決定しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【資産型Webマーケティング】ゼロからWeb集客をはじめる戦略的7ステップ 無料メール講座

ホームページ、折込、ネット広告・・・といろいろ試したけれどうまく行かない小さな店舗・教室オーナーの皆様へ

 

資産型Webマーケティング
予算ゼロから集客・売上アップ仕組み化する
「戦略的7ステップ」
無料メールセミナー公開中!


本来は100万円の顧問契約で話している内容の一部を、今だけ特別に無料公開。

ご存知ですか?小さな会社がたった90日で、お金をかけずに‟自動的・継続的に集客・売上アップする仕組み”をWeb上に構築する具体的な方法があることを・・・


無料メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*