ネットとリアルの良さを組み合わせたマーケティングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネット リアル

ネットの時代だからといって何でもかんでもネットで済ませようとしていませんか?

米国のネット系ベンチャー企業は、はじめはネットだけで集客を行いますが、
次の段階では期間限定型の実店舗を構えるのが一般的です。

実際、店舗に来店したことのある顧客の購買金額は、
ネットだけの顧客の1.5倍以上になるという調査結果もあります。

リアルで直接体験することが、顧客との関係性をよりいっそう深めることにつながるのです。

顧客との信頼関係の公式

顧客との信頼関係は、接触頻度×接触の深さで決まります。

ネットを活用することで、効率よく接触頻度を増やすことは可能ですが、
ネットだからこそ疎かになりがちなのが「接触の深さ」です。

接触の深さはこのような関係になります。

1対1の対面(面談など)>1対多のイベント(セミナー等)>電話>メルマガ>SNS>広告

広告でのセールス力を1とするならば、
1対1の対面でのセールス力は100ぐらいの力があります。

なので、高額商品や形のないサービスを販売する時には、
なるべく対面やイベントへ誘導してからクロージングをかけるというのが鉄則です。

たとえば、家や車といった高額商品を購入する時に、
ネットだけで購入を決断する人はほとんどいないでしょう。

さらに、同じ商品を購入するにしても、高額商品の場合は、
「誰」から購入するのかを消費者は見極めています。

リアル接触の弱点

「リアルで接触する重要性はわかった。でも・・・」

このようなクライアントの社長さんが多くいるのも事実です。

なぜなら、リアルでの接触を図ろうとすると、場所も時間が必要です。
さらに、その場所・時間にピンポイントで見込み客を集客しなければいけません。
当然ながら、お金と手間がかかります。

小さな会社におすすめのマーケティング手法

そこで、小さな会社がなるべくお金をかけずに、
リアルの良さである見込み客との関係性を深める方法があります。

何だと思いますか?

それが、動画です。

動画では、ネット上でも会社や担当者の顔や声を届けることができます。

また、今の時代、スマホ、無料編集ソフト、YouTubeを活用すれば、
ほぼ追加コスト0円でも動画を作成して見込み客に届けることができてしまいます。

さらに、一度動画を撮影してしまえば、
資産として継続的にあなたの会社に集客と売上アップをもたらしてくれる可能性があります。

最近では、Web上でセミナーを行う「ウェビナー」という手法での成果が続々とあがってきています。

リアルとネットを組み合わせる

今回ご紹介しました動画を活用したマーケティングは、あくまで手段の一つです。

大事なことは、ネットだけ、リアルだけではなく、
ネットとリアルのそれぞれの良さを生かしたマーケティングを行いましょう
ということです。

ネットだけで十分な成果が出ていないのであれば、リアルの良さを取り入れてみてください。
逆に、リアルでの集客しかしていない場合は、
ネットを活用することで飛躍的に成果を伸ばせる可能性があります。

是非、あなたのビジネスで取り入れられる施策がないか考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【資産型Webマーケティング】ゼロからWeb集客をはじめる戦略的7ステップ 無料メール講座

ホームページ、折込、ネット広告・・・といろいろ試したけれどうまく行かない小さな店舗・教室オーナーの皆様へ

 

資産型Webマーケティング
予算ゼロから集客・売上アップ仕組み化する
「戦略的7ステップ」
無料メールセミナー公開中!


本来は100万円の顧問契約で話している内容の一部を、今だけ特別に無料公開。

ご存知ですか?小さな会社がたった90日で、お金をかけずに‟自動的・継続的に集客・売上アップする仕組み”をWeb上に構築する具体的な方法があることを・・・


無料メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*