【ビジネスオーナーへの道】知性=IQではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスオーナー

「金持ち父さん、貧乏父さん」という本をご存知でしょうか?

おそらく、複業(副業)や起業に興味を持っている人の多くがご存知だと思います。

私自身も、この本に出会ったことが人生の転機となりました。

====================
お金のために働く労働者ではなく、
お金に働かせるビジネスオーナーになりたい
====================

このような決意を抱いたことを今でも思い出します。

今回は、会社員からビジネスオーナーを目指したい人向けに、
大事なマインドセットのお話をシェアします。

この話を知ることで、
無駄な勉強をすることなく、最短距離でビジネスオーナーになる方法がわかります。

逆に知らないと、
会社のために一生懸命働き、出世したにも関わらず、会社の業績が傾けば、あなたと家族の人生が傾きかねません。

ビジネスオーナーにとっての知性とは何か?

世界最大級の世論調査・コンサルティングを行うギャラップ社が
成功した男女1,000人にインタビューした結果、
判明した事実があります。

多くの人が「知性」の重要性を説いたのですが、
その定義が興味深いものでした。

それは、、、

*******************
知性は、
学校の成績やIQで測るものではなく、
「行動の仕方」だ
*******************

と答えたのです。

どんなに学校で良い成績をおさめても、
知性に欠けた行動をすれば、
知性的な人間とはいえないのです。

度々、高学歴のあの人があんな事件を・・・
みたいなニュースが取り上げられますね。

逆に、高卒だろうが、中卒だろうが、
経営者・起業家として成功している人は
たくさん存在します。

知性的な行動とは

では、「知性的な行動の仕方」とは何でしょうか?

それは、
『自分が設定した目標に即した行動』
のことです。

ここでのポイントは、
「自分が設定した目標」という点です。

自分が本当に望んでいることに近づくための行動は、
すべて知性的な行動となります。

学校の成績とかIQとかは、
多くの場合、親や先生から強制的に設定された目標ではないでしょうか。

なんとなく、何の疑問を抱くことなく、
ただひたすら詰め込み式の勉強をすることで
成績やIQを上げることはできます。

しかし

社会に出てから成功するためには、
自分で目標を設定する必要がありますね。

間違った目標設定のレールに沿って
いつの間にか間違った方向へ進んでしまっている・・・

これを避ける必要があります。

あなたは大丈夫ですか?

たくさん勉強して、いい大学に入って、
いい会社に就職して、難関資格を取って、
出世競争に勝ち抜いて・・・

確かに、ひと昔前の産業化社会の時代であれば、
それでも良かったかもしれません。

でも、情報化社会の現代において、
その先にあなたの望む未来は本当にあるでしょうか?

ちなみに、私の場合はありませんでした・・・。

終身雇用型給与制度は既に崩壊しつつあります。
年金も期待できません。いざとなったら、会社は従業員を守ってはくれません。

産業化社会の時代で成功するためのレールと
情報化社会の現代で成功するためのレールは
大きく異なります。

情報感度の高い人は、
既に虎視眈々と準備を始めています。

あなたも時代の変化の波に乗り遅れることなく、
知性的な行動を取るようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*