ブログとホームページのたった1つの大きな違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログ ホームページ

「ホームページを作成したけれど、ほんとんど新規顧客の獲得につながっていません・・・」
「ブログを頑張って書き続けているけれど、なかなか申込みにつながっていません・・・」

このような悩みを抱えている小さな店舗・教室経営者の方は多いのではないでしょうか。

おそらく私に相談しにこられる方は、
「機能的な違い」が知りたいんだと思うのですが、
大事なのは、ホームページとブログそれぞれの「役割の違い」を認識することです。

ホームページやブログは手段に過ぎません。
集客、売上アップといった目的を達成するための道具です。

それぞれの道具の役割の違いを認識した上で、
正しい使い方で目的を達成するためにはどうすればよいかを考えましょう。

結論としては、

「ブログで情報提供して信頼関係を構築し、ホームページで商品・サービス情報を提供する」

このような使い方がベストです。

ホームページは商品カタログ

ホームページは、たとえるならば「商品カタログ」のようなものです。
カタログには商品やサービスの情報が載っていなければ、
せっかく買う気満々で訪れたお客様に対しても、そもそも売ることができません。

またWebの特性上、
いつ新規のお客様が訪問されてもいいようにしておかなければいけません。
なので、ホームページは固定情報が中心で、自分が伝えたい順番に情報が整理されていることが重要です。

ブログはニュースレター

ブログは、たとえるならば「ニュースレター」のようなものです。
ニュースレターには売り込み情報ではなく、お客様に役立つ情報を提供する必要があります。

お客様が思わず「なるほど!」と知って得するような情報や
「そうそう」と頷いてしまうような情報などを提供します。

なので、ブログはあなたの専門家としての情報発信を通じて、見込み客をファンに変えていくことが重要です。

ブログは検索エンジン対策になる

日々の情報発信のベースとなるのは、ブログです!

ブログは検索エンジンにひっかかりやすく、
記事の一つひとつが検索対象となります。

なので、日々の情報発信があなたの集客資産になっていきます。

「でも、ブログを書いているけど、検索されないんだけど・・・」
という方は、大きく2つの原因が考えられます。

1.記事の数が少ない

ブログは集客資産となりますが、検索エンジンから評価されるまでに時間がかかります。
目安としては100記事です。
そこまで継続して書き続けられるかが
ブログ集客を成功させることができるかどうかの分岐点になります。

2.書き方が間違っている

十分な量の記事を書いているのであれば、書き方が悪いからです。
検索キーワードを意識して書くようにしましょう。
せっかく役に立つ記事をたくさん書いたとしても、
検索されるキーワードが入っていなければ、残念ながら見つけられません。

小さな会社はホームページよりもブログを優先しよう!

あなたが小さな店舗・教室を経営しているのなら、
綺麗なホームページを50~100万円かけて作成するのではなく、
コツコツとお客さんの役に立つブログ記事を書くことを優先してください。

確かに、綺麗なホームページは信用につながりますが、
それでは大手企業に勝てません。

小さな会社には、小さな会社ならではの戦い方があります。

ホームページは店舗の代わりのようなものですので、実店舗を持っているのであれば、尚更です。

「ブログで情報提供して信頼関係を構築し、店舗(ホームページ)で商品・サービス情報を提供する」

ぜひ、ブログとホームページの役割の違いを認識した上で、あなたのビジネスに役立ててください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【資産型Webマーケティング】ゼロからWeb集客をはじめる戦略的7ステップ 無料メール講座

ホームページ、折込、ネット広告・・・といろいろ試したけれどうまく行かない小さな店舗・教室オーナーの皆様へ

 

資産型Webマーケティング
予算ゼロから集客・売上アップ仕組み化する
「戦略的7ステップ」
無料メールセミナー公開中!


本来は100万円の顧問契約で話している内容の一部を、今だけ特別に無料公開。

ご存知ですか?小さな会社がたった90日で、お金をかけずに‟自動的・継続的に集客・売上アップする仕組み”をWeb上に構築する具体的な方法があることを・・・


無料メール講座をチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*